元のページへ戻る >> 泥棒に狙われやすい家の共通点

泥棒に狙われやすい家の共通点

無締まり

空き巣や忍び込み居空きなどの泥棒に最も狙われやすい家の特徴が無締まり、つまり戸締りをしていない家です。ほんの短時間だから戸締りしなくても大丈夫だろうという油断は禁物。泥棒は行き当たりばったりで侵入することは殆どなく、あらかじめ下見をしているものです。そんな泥棒は、戸締りをしていないなどのスキを見逃しません。面倒がらずに短時間の外出でも戸締りをする癖を付けましょう。

郵便受けに新聞や郵便物がたまっている

郵便受けに新聞や郵便物がたまっていると『私の家は留守ですよ』と言っているようなもの。家を数日でも留守にする時は、新聞の配達を止めるなどの対策を実行しましょう。泥棒に狙われる確率が小さくなります。

在宅時に窓や玄関を開けている

在宅しているからと言っても油断は禁物。家にいる時に窓や玄関を開けたままにしておくと、在宅中に狙われる居空きの標的になってしまうこともあります。窓や玄関が開いていると防犯意識が低いことを泥棒にアピールしていることにもなるので、在宅中でも窓や玄関は施錠しておくことが大切です。気候が良い季節や梅雨の晴れ間などには、つい窓を開けて空気の入れ替えをしたくなりますが、在宅時でも窓や玄関の開放は必要最小限にしましょう。窓や玄関を開けたままにしておくと盗撮や盗聴の被害にあうこともあります。特に、女性のひとり暮らしでは要注意です。

夜間、家の中が真っ暗で人の気配が無い

夜間に家じゅうの電気が消えているなどのように人の気配のしない家も泥棒に狙われやすくなります。夜間に留守にする時は、家の中のどこか一か所でも電気をつけておくと、それだけ泥棒に狙われにくくなります。電気代が気になるなら、消費電力の少ないLEDを使うのもひとつの方法です。

外周りが散らかっている

家の外周りが散らかっていると、防犯意識が低いことをアピールしているようなものです。家の外周りはできるだけ綺麗に片づけておきましょう。

高い塀に囲まれている

家の敷地が外から見えにくい高い塀や生け垣に囲まれていると、侵入した泥棒が身を隠す場所を作っていることになり、かえって泥棒に狙われやすくなります。ある程度外からも見えるようなまばらな感じのする生け垣の方が泥棒に狙われにくくなります。

オートロック付きのマンション

オートロック付きのマンションだと安心という心のスキが泥棒に狙われる原因になることもあります。マンションから出てくる人とすれ違いになればマンションへの侵入はとても簡単。一旦マンションへの侵入を許してしまえば、無締まりの部屋は泥棒のやりたい放題に。オートロック付きのマンションでも戸締りはとても大切です。

高層階のマンションやアパート

高層階のマンションやアパートでも油断は禁物。一旦マンションに侵入してしまえば、あとは隣戸から隣戸への移動は比較的簡単。高層階といえども注意が必要です。

他の住人との近所付き合いが少ない

人の目が行き届いているマンションでは泥棒に狙われにくくなります。泥棒は、逃走後に捕まるリスクが高くなるので、住人に顔を見られるのを最も嫌うもの。住人同士がよく挨拶を交わすことでマンションが泥棒に狙われにくくなる理由がそこにあります。

玄関や窓の見通しが良くない

玄関や窓が見通しの良い物件は、それだけで泥棒に狙われにくくなります。これから賃貸マンションやアパートを借りる場合、玄関や窓の見通しが良い物件を選びましょう。

住人が入れ替わっても玄関ドアのカギを交換していない

住人が入れ替わっても鍵の交換をしていないと、それだけ泥棒に狙われやすくなります。賃貸マンションやアパートを借りる時は、鍵の交換をしていることを確認しましょう。鍵の交換をしていない物件は借りてはいけません。

外から覗けるタイプのドアスコープが使われている

通常、ドアスコープは室内から外にいる来訪者などを見るためのものですが、なかには外から室内が覗けてしまうものもあるようです。そのようなドアスコープが使われていると泥棒から室内が物色されることになり、泥棒の被害に会いやすくなります。外から覗けてしまうドアスコープが使われている物件は借りてはいけません。

防犯に対する危機意識が希薄

泥棒は犯行に及ぶ前には下調べをしっかりしているものです。来訪者があった時に何の警戒心もなくすぐに玄関のドアを開けるような家は泥棒にチェックされている危険性があります。来訪者があった時はドアスコープやインターホンのモニターで確認することが重要。ドアを開ける場合でもチェーン越しにすると不審者の押し入りを防ぐことができます。また、宅配便の場合も玄関のドアは開けずにチェーン越しに対応し、荷物はドア付近に置いてもらって、あとで受け取ると安全です。