一人暮らしを悟られないための工夫

*

一人暮らしを悟られないための工夫


侵入犯対策のために男物も一緒に干す一人暮らしの女性
家族で住んでいる場合に比べて、一人暮らしはどうしても侵入犯に狙われやすくなります。特に、女性の一人暮らしは要注意です。そこで、侵入犯に一人暮らしを悟られないための工夫が大切になってきます。

警察庁の統計によると、強姦が住宅内で発生する割合は全体の約45%とのこと。自宅には様々な人たちがやってきますが、不用心に玄関のドアを開けた時や帰宅時に自宅内に押し込まれて強姦の被害にあうことが多いので注意が必要です。

一人暮らしを悟られないための工夫と言っても、とても簡単なものばかりです。特に、一人暮らしをしている女性は、早速今日からできる防犯対策を実行に移しましょう。

 ■ 表札を出す場合は、苗字だけにするか、男性の名前も併記する

 ■ 郵便ポストに郵便物をため込まない

 ■ 外から見えるカーテンは、女性好みのものを避ける

 ■ 洗濯物を外に干す時は男物も一緒に干す

 ■ 玄関に男物の靴を置いておく

 ■ 外出する時は、『行ってきます』と言って家を出る

 ■ 帰宅時は、チャイムを鳴らし、『ただいま!』と言って周りの安全を確認しながら家に入る

 ■ 公共料金の支払いは口座振替やカード払いにする

たったこれだけのことでも、一人暮らしの女性を狙う侵入犯を寄せ付けないための効果があります。しかし、どんな対策でも100%安全だとは言い切れません。

そこで、少しでも安全性や安心感を高めるために、ホームセキュリティの導入を検討してみてはいかがでしょうか。何かあってからでは遅いですよ。さあ、今すぐに資料請求を!

ホームセキュリティは、サービス・値段・設置条件に違いがあります。
↓ 最適なホームセキュリティの無料一括資料請求はこちら(クリック) ↓